スマートフォンアプリ、WEBシステム開発の株式会社SofToLet(大阪)

株式会社SofToLet(ソフトレット)

株式会社ソフトレット|ホーム製品・実績iPadアプリ開発実績

iPadアプリ開発実績

ソフトレット

SofToLetが今まで開発してきたiPadアプリの実績を紹介します。
このページにてご紹介させて頂いている他にも、SofToLetでは多くのiPadアプリを開発しております。
その他の開発実績に関しましては、ぜひ一度お問い合わせ下さい。

iPadは、9.7インチディスプレイの採用を採用したことにより、iPhoneに比べ見やすさや操作性が飛躍的に向上しています。
高齢者や女性そして子どもなど、これまでのiPhoneやAndroid携帯とは異なる、新たなユーザー層による利用が期待されています。
様々なアプリが開発されていく中、SofToLetではそのようなiPadの特性を生かしたアプリケーションを開発できるよう、日々研究を行っています。

iPadソリューション

iPad電子カタログ
Eコマースや営業先へのプレゼンテーションツールとして効果的なアピールを
iPadゲーム
大画面を活用すると、1台のiPadで二人で遊べる対戦型ゲームを開発することも可能です
iPhoneアプリの移植
単なる大画面化だけではなく、iPadの特性を生かした機能の追加を

iPadの電子書籍とカタログの違いについて

iPadアプリ開発実績一覧

  • VisitBell

    VisitBell

    貴社のオフィスにiPadなどのタブレット端末を用いた受付アプリはいかがでしょうか。
    「ビジットベル」なら貴社の来訪者様に新鮮かつリッチな体験を提供していただけます。

  • ポケットシェルフ

    ポケットシェルフ

    ポケットシェルフなら、iPad向けに電子カタログを低価格で配信が可能です。
    カタログのPDFやJPEGデータをお持ちの企業様なら、すぐに配信をスタートすることができます。

  • シティライフ

    シティライフ

    情報紙シティライフは、北摂EAST版・北摂WEST版・阪神版各20万部計60万部を月1回無料配布する地域情報紙です。

iPadの電子書籍と電子カタログの違いについて

iPadでの紙媒体の電子化には2つのパターンがあることをご存知ですか?
それは「電子書籍」と「電子カタログ」、この2つのパターンです。

  • 電子書籍

    配信 iBookStore
    用途 小説、専門書など
    特徴 epub形式(XHTML)でデータ製作
    文章中心の読み物
    画像は挿絵としての位置づけ
    講談社、京極夏彦氏の新刊を電子書籍としてiPadでも販売
  • 電子カタログ

    配信 AppStore
    用途 カタログ、コミック、雑誌、チラシ
    特徴 iPadアプリとして開発
    "見せる"を重視、多様な表現が可能
    お気に入り機能、WEBとの連動など可能
    千趣会らがiPad向けカタログアプリ、eコマースを連動し商品購入も可能

以上を見てわかるように、「電子書籍」「電子カタログ」ともに向き不向きがあります。
iPadでの紙媒体の電子化をする時はそれぞれの用途にあった方法を選ぶことが大切です。

ページの先頭へ